DMの印刷業者を探す際に気を付けるべき点を教えます

DM、ダイレクトメールは、SNSで相手とやり取りする際に、直接メールを送るという意味合いもありますが、企業が販促手段としてDMを利用する場合もあります。企業が利用するDMは、集客効果を高めるための手法になります。個人や法人に宛てて送られる商品案内やカタログ、ハガキのことで、主にリピート率が上がる効果が期待できます。他にも、新規顧客を獲得する為に、見込み客に接触することができるといったメリットもあるので、DMを導入している企業は多いです。DMを社内で作成して送付している企業もありますが、コスト下げられても手間のかかる場合もあるので、業者にDMの印刷から送付までを依頼すると、業務効率をあげられます。今回は、DMをキレイに印刷してくれる業者の探し方を中心に紹介していきます。

DMの印刷を依頼する時のメリット・デメリットとは

DMを業者に依頼することは、一見便利そうに思えますが、メリット以外にもデメリットも存在します。メリットは、顧客に伝えたい情報量が多い場合でも、小冊子やカタログなどにできるところです。例えば、通販会社が多くの商品を掲載したい場合には、カタログに商品情報をまとめたものを送ります。また、オリジナルのクーポンを付けて送り、そのクーポンを利用した顧客のデータを元にして、反応率を計測することも可能です。反応率が悪かった場合には、カタログの企画やデザインなどを見直し、施策することもできます。デメリットとして、業者に印刷を依頼すると、社内で作成するよりもコストがかかるということです。また、顧客の名前や住所など情報も予め調べておかなくてはいけないので、最初は手間もかかります。

DMの印刷業者を探す時のポイント

DMを業者に依頼する時に気を付けることは2点あります。社内で作成するぐらいに安くとまではいかないかもしれませんが、数多くある印刷業者の中で、複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。出してもらった見積もりを比較して、検討することが大切です。安いといっても、あまりにも安い業者には注意が必要です。安いと、紙質が極端に悪かったり、印刷がキレイにできていない場合もあります。印刷業者のホームページをよく見て、可能であれば紙や印刷の具合を見る為にも、サンプルを取り寄せることをおすすめします。コストと価格に着目した上で、企業に合ったベストな業者を見つけるといいでしょう。予算に余裕がある場合には、印刷してから送付までも行ってくれる業者もあるので検討してみてもいいでしょう。