DMの印刷を安価で仕上げてくれる業者の探し方を教えます

販促ツールとして、Eメールが多用されるようになった今でも、封書やはがきのDMは外せないツールとして多く利用されています。特定の相手に送るDMで効率よく集客をしたいといった場合には、DM印刷業者の利用をおすすめします。DMのデザインやアイデア、印刷から発送までおまかせできるので大変便利です。社内で一から作るよりもはるかにコストダウンが叶います。どうしたらお客さんの目をひくことができるか、どういった内容なら反響があるかといったノウハウも持っているので、作成段階からしっかりと目的や要望に応じて相談ができるので心強いです。さらに安くDM印刷をしたいのであれば、あらかじめ用意されているテンプレートに合わせて原稿作成すればよいのです。業者によっていろんなスタイルがありますので、比較してみると良いです。

DMに特化した印刷業者を見つけよう

DMにはいろんなスタイルがあります。一般的なチラシや織り加工をしたリーフレットのほか、封書、ポストカード、圧着はがき、返信はがき付きのちらしなどさまざまあります。業者にDMを印刷依頼する前に、まずどういったスタイルのDMを希望しているか、対象とする範囲や目的をしぼりましょう。印刷内容によって得意とする業者を探せばより安く印刷することができます。印刷依頼はネットで気軽にできます。とにかく費用をかけたくない、納期を早くしてほしいといった場合には、ネット印刷が便利です。たくさんある業者の中からDMに特化した印刷業者があれば、これまでの実績なども参考にするとよいです。依頼する前にはいくつかの業者から見積もりを取りましょう。校正回数や印刷の内容によっては追加料金もありえるので、よく確認しましょう。

DMの印刷業者は価格だけでなく対応力で選ぶのがおすすめ

DMをネットで印刷依頼するなら、価格はもちろん、対応力の違いも確認しておきたいところです。DMの形式、紙の質、配色やデザインのセンスなど、ほかの郵便物や配布物との差別化を図る事も大切です。せっかく印刷依頼するのですから、自社ではできないようなDM作成ができれば納得です。ネットでいつでも入稿でき、修正などの対応も万全、宛名の印刷、管理も可能なら発送までおまかせできるのでぜひ利用したいところです。自社で作成し、リストアップして宛名シールを張り付けるといった作業を考えれば、コストダウンも確実です。転居によるDMの不着も、宛名リスト管理と合わせて行えば最新の宛名リストを作る事ができ、不着のムダを減らすことができます。DM発送を行うなら幅広い対応力のある印刷業者に依頼するのがおすすめです。