思った通りのDMに仕上げてくれる印刷業者の探し方を紹介します

DMは情報伝達や提供としての役割を果たしてくれるものですが、デザインや仕上がり、素材のクオリティで、その企業に対する消費者の印象もガラリと変えてしまう力を持つものでもあります。DMの印刷はリーズナブルで柔軟な対応力が人気のネットプリントが人気です。すべてのネットプリントがそうとは限りませんが、基本的に「料金が安い」「納品が早い」を前面に押し出して集客をかけているところが多く見受けられます。同じ地域に工場を構えた印刷会社があれば、営業担当やデザイン担当者との見積もり交渉、DMに使用する素材やデザインに関する打ち合わせ等を直接できるメリットが魅力です。伝えたい事、発信したい情報がどれくらいのボリュームでどのくらい重要なのかを見極め、ネットプリントに発注するのか地元の印刷会社に依頼するのかを検討しましょう。

シンプルな内容のDM印刷ならネットプリントの利用がおすすめ

シンプルで単純なDMであれば、できるだけコストをかけずに仕上げたいものです。たとえば「官製はがきにモノクロ印刷」のようなDMなら、優先すべき内容はクオリティ重視よりも低コストで仕上げることでしょう。どの業者に依頼しても仕上がりに関して大差ないものと判断できれば、よりリーズナブルに仕上げてくれる印刷業者を利用するべきです。他にも、DMのデザインや構成については自社でまかなえる企業であれば、ネットプリントを利用するほうがお得でしょう。ただし、印刷サンプルを取り寄せることができる業者を選びましょう。データだけのやり取りではなく、サンプル品の納品サービスをおこなっている業者であれば安心できます。その都度、依頼する内容に見合った印刷業者を選択する事も満足いく仕上がりに繋がります。

DM印刷をデザイン企画から納品まで一括して発注する場合は実績ある業者を選ぶこと

情報伝達ツールとしての役割の他に、DMはその企業の名刺代わりとなったり、DMを受け取った人の企業に対するイメージを定着させたりする一面も持っています。「たかがDMされどDM」です。消耗品、開封せずに破棄されるなどのネガティブイメージを持たず、伝えたい事をしっかりとDMに印刷して届けましょう。納期や費用、急な対応にも迅速に応えてくれるかどうか、営業・企画・生産ライン・サポート体制がしっかり整っているDM印刷業者の選択がカギになってきます。打ち合わせが綿密にでき、デザインや素材の提案と納品までをスピード感をもって執り行ってくれる印刷業者と出会うことができれば、思い通りのDMを作ることができるでしょう。DMの製作期間は短いに越した事はないですが、業者の選択は、下調べや見積もりなどしっかりと時間をかけて行いたいものです。